リフォームまでのこと-1

リフォームまでのこと その1

 

 

2017.8.11

リフォーム完了、引き渡しです。

 

どうしてこんなことになったのか自分でもびっくりな展開の連続でした。

その時々の自分の気持ちの整理もかねてこれから始まる長いローン生活のモチベーション維持のためにもリフォームまでの経緯をまとめていこうと思います。

 

そもそもなんでリフォームすることにしたのか…

 

札幌在住、独身、実家住まい(母と二人)のt-coです。

今回リフォームしたのは、10年ほど前に中古で購入した築29年の母所有のマンションです。

 

私たちが購入した当初は、内装も設備もまだまだきれいな状態だったので、畳と襖の交換、トイレの便座交換、洗面台の交換のみで入居しました。

 

そんな我が家ですが、住み始めて10年経ち不具合が目立つようになってきていました。

 

・お風呂のひび割れ

(水漏れ防止のコーキングが腐食して、水が浸水…。壁が一部浮いている。)

 

・いろんなとこのドアがしまらない

(建具のゆがみのせいなのかドアがしまらない。トイレもちょっと開いている。)

 

・壁紙にカビ

(二重サッシではないため、窓の結露からのカビ発生)

 

 などなど。

細かいところを上げればまだまだあります。

 

すぐに直さなければいけないレベルの不具合ではないけれど、長期的に考えるとこのままでいいわけでもない…というなんとも微妙な不具合たちです。

 

あいにく結婚の予定があるわけでもなく、このままここで暮らすことを考えた場合、早くリフォームした方が、母も私も気持ちよく暮らせるのではないかと思っていました。

 

来年度にマンションの大規模修繕が予定されており、そのときに内窓サッシの交換くらいはしたいなー、なんて考えていました。

 

そのころ自分自身の将来についても考える出来事がいくつかあり、

仕事に対するモチベーション

貯金していくことへのモチベーション

これからどんなふうに年を重ねていきたいのか

気になりつつも目をつぶってきたことをちょっと真剣に考えてみようかなと思い始めました。

 

そのころ放送されていたTVCMにとても勇気づけられたのでご紹介させてください。

サッポロビールのCM見たことありますか?

妻夫木聡さんの大人エレベーターのCMです。

サッカーの中田英寿さんがでていたものです。

「世の中で無駄だと思うものは?」

という問いに

「わからないことを心配すること」

と仰ってたんです。

「何十年後かのことを心配するより、今頑張ろうよ」

って。

もう、私に言ってるんですか!!って思いました。

うん、そうだよね!!って。

あまりのタイミングにとてもビックリしました。

私に言ってるよね!!って。笑

将来を見越して過ごすことも大事だけど、”今”頑張ることも大事だよね?って。

私に足りないのはこれだーーー!!って。

 

何のために働いて、何がしたくて貯金するのか

老後のため?不安解消のため?

 

それもなんだかなーと思ってしまって。

いつかの将来のために今が楽しくないってどうなの?

もちろん将来のために蓄えていくことは大事なことです。

でも、そうしつつも今を楽しく過ごしていくことはできるはずです。

旅行や趣味、友人とのお付き合い、やりがいのある仕事。

ただ、私の場合はインドア派であることもあり、

生活の基盤である『家』が自分の気に入った空間であること

母との生活をお互いに気持ち良く過ごせる場所にすること

がとても重要なことに思えたのです。

 

それが今年の3月ころのことです。

 

つづく

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ
にほんブログ村