リフォームまでのことー3

いよいよ決断!!!

前回までのお話

 

www.t-codiary.com

 

 

www.t-codiary.com

 

 

前回リフォームセミナーに参加したわけですが、そこの会社は私がお願いするには予算的にとってもムリな予感。笑

一応現地見積りに来ていただくお願いはして帰ってきましたが。

 

というわけでいくつかリフォーム見積りお願いしてみることに。

この時点で私の中でリフォームすることはほぼ確定していました。

私の年齢で長期のローンを抱えることに母は難色を示しましたが。

 

”いい人が出来て結婚することになったらどうするの?”

”別にいますぐ直さないといけないわけじゃないでしょ?”

 

大きく分けるとこの二つでしょうか。

 

”結婚しても仕事続けていくし、そしたら自分で返せる程度のローンにしかならない → お母さんが死んだら私がマンション相続するから問題なし!”

 

”いつかは直さないといけない、このままで済み続けるのは無理”

”いつかやらないといけないなら早いうちにやりたい”

 

ということを伝え納得してもらいました。

 お母さんが死んだらとか、我が家ではフツーに言っちゃいます

 父が亡くなっていることも影響しているとは思いますが…

 残された人が幸せに暮らすことが一番!と考えています。

 
リフォーム見積依頼

インターネットでの一括見積なども考えましたが、最終的に見積依頼をしたのは

セミナー参加会社も含め、3社でした。

あまりたくさんお願いするのも面倒くさそうというのが理由です…笑

仕事もあり、土日にしか自宅訪問をお願いできないことを考えると各社の見積りをそろえるだけでも長期間かかることになりそうだなーと考えました。

 

インターネット検索で札幌でマンションに特化したリフォームを数多く手掛けていたA社

 

最近フルリフォームをした知人がお願いしたというB社

 

セミナー参加したC社

 

この3社に見積り依頼をお願いしました。

 

がしかし、B社にメールで見積り依頼したのですが、音信不通でした。

(しかも2回も…。)

知人宅の広さ、リフォーム内容、金額

どれを聞いてもウチがお願いしたい内容とも一致していたので見積り来て欲しかったのですが、残念です笑

今思えば雪解け後の札幌、繁忙期だったのでしょうか??

 

残るはA社とC社

 

まず自宅訪問に来てくれたのはC社でした。

 

セミナー時に担当してくださった営業担当の方と現場担当の方のお二人での訪問でした。

私が希望していたキッチン前の壁は構造壁?とかいう構造体を兼ねた壁だそうで壊せないことが判明…泣

となると、リフォーム内容としては

 

・和室とリビングを一体化すること

・水回り一式の交換

・内装の一式交換

 

ということになります。

収納の状況、天井や水廻りの様子などを確認していきました。

印象としては、営業担当の方にこちらの希望を伝えて、設計などの現場担当の方が図面を作成してということでこちらの要望が現場に届くまでに営業担当者がクッションになることがいいのか、悪いのか。

営業担当者と相性が合えば問題ないのでしょうが、こちらの要望がうまく伝わらなければタイムロスに繋がる可能性もあるなと思いました。

セミナー時に前職がアパレル関係で不動産、建築関係は勉強中というようなことをおっしゃていて知識のない私と転職間もない営業担当者…。うーん、知らないもの同志。不安。

 

続いてA社

 

私より少し年上の女性の方が来てくださいました。

テキパキした元気な女性です。

第一印象から頼れるお姉さんオーラ全開です笑

 この時点で私も母とA社に決めていたように思います。

小さな脚立をもってご自分でテキパキ採寸していきます。

収納アドバイザーなどの資格もお持ちで女性目線でいろいろアドバイもしてくださいました。

押入れの扉の高さの調整など。

 

 

見積り結果!!

A社に軍配です!!

C社は私なんかお呼びじゃなかったという金額でした。

わかってはいたことですが、とっても高いでーーす。

中古マンションを購入して、リノベーションして、トータル金額が今の新築マンションよりすこし安くなればOKという方にはとても魅力的な会社だと思います。

HPを拝見してもとっても素敵なおうちがたくさん。

インテリアのトータルコーディネートもして下さるそうです。

いいなーーー。

もっと予算があれば。笑

 

ただ、私の希望としては、せっかく今の年齢でリフォームすることを決断したのだから、「家づくり」も今後楽しんでいきたいなーと思っていたんです。

DIYにも興味があります。ペンキ塗りとかしてみたいなーって。

とりあえず、「キレイでシンプルな箱」が出来ればいいかなって。

ネットで検索してみても扉をペンキで塗る方法や作り付けのような棚をDIYする方法がたくさん出ています。

そういうことを長く楽しんでいきたかったんです。

初めから「完成された家」を求めていたわけではありませんでした。

インテリアも少しずつ本当に自分が気に入ったものを揃えていきたいなーと思っていました。

そういうことをこれからの生活の楽しみに、仕事の励みにしていきたいと思っていました。

 

 

私がA社に決めた最大の理由は担当さんの人柄と助成金の活用でした。

ウチは母と私の女二人。担当のFさんが同年代の女性ということで安心してお願いできると感じました。テキパキ、サバサバしていてこちらの要望もお伝えしやすい方でした。

助成金は、

①トイレに手すりを設置し、節水型に交換

②お風呂に手すり×2本設置

③内窓サッシ交換(断熱型)

④リビング部分のバリアフリー

この4つで20万円くらいの助成金を受けられるというのです。

大きい…。20万円は大きい!!!

しかもこの4つはこちらもお願いしたい内容だったのです。

ただひとつ問題だったのは助成金は春と秋に募集が行われており、春の申込期限が2週間後に迫っていたことでした。

秋は春より予算額が少ないため抽選で落選する可能性もあること。

実際に昨年度に落選した方がいたそうです。

そうなると春に申し込みたい!!!

申込期限までにある程度見積り内容をツメて契約まで済ませないといけません。

 

おーーー、怒涛の展開。

 

となると、他社に見積り依頼している時間的余裕はありません。

ここでA社に決めるか、秋に抽選で受かることを期待して他社にも見積りを依頼するのか。

 

とりあえず、急いで見積りつくりまーすと言いA社担当さん帰って行かれました。

 

ローンのこともまだまだ調べていなかったので焦ります。

担当さんが帰った後に急いでローンについて調べた記憶がよみがえります。笑

 

A社の現地見積りの際に部屋の広さ、リフォーム内容からだいたい〇〇〇万円くらいだと思います。とは言われていました。

B社でリフォームした知人の言っていた金額と同じくらいです。

母がリサーチしてきたマンション内の内覧した部屋のリフォーム金額とも同じくらいです。

ということは、ウチの広さ、リフォーム内容からして〇〇〇万円が相場なのだと感じました。

 

GWもあったので、1週間後見積り結果を持ってA社のFさん再訪問です。

〇〇〇万円くらいだとおもいまーす。からは少し上がっていましたが、こちらも金額を気にせず要望を全てお伝えしての金額、減額は可能だと判断してA社にお願いすることに決めました。

 

早っ!!!

 

いま思い返して書いていても怒涛の展開だったなーと思います。

ま、でもこれがタイミングということなのかなーとも思います。

ローンのことなど不安は尽きません。

ホントにいいのか!?という疑問も笑

 

今となっては、よい決断だったと思っています。笑

(ホントか!? そう思いたいだけかもよ…。)

でも、これがよい決断だったかどうかはこれからの自分にかかっています。

がんばれよー、私♡

 

いよいよリフォーム開始です。

つづいてはローンについてちょこっと。

 

つづく。

 

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(施主)へ
にほんブログ村