本日の読書感想文【柚木麻子 3時のアッコちゃん】

3時のアッコちゃん 柚木麻子

アッコちゃんシリーズ第2弾!!

柚木さんの作品とても好きです。

どの作品の女性たちもとても身近に感じられて、自分に向けられた言葉のようにしっくりと馴染むんです。

そしたら、柚木さんと同い年だったんです。

勝手に親近感。

友達からの言葉のように感じられるのかもしれないです。

あと、食べ物の描写も好きです。笑

どれもすごーーくおいしそうなんです。

「あまからカルテット」のお稲荷さんが食べたい!!

 

 

 

  1. 前作から引き続きのアッコさんの後輩三智子
  2. ブラック企業にしがみつく明海
  3. 人との交わりが苦手な塔子
  4. 就活難民の佐江

 

アッコさんが直接登場するのは前半2作のみ。

後半2作はチラッとアッコさんの存在が描写されるだけです。

もう少しアッコさんの活躍が見たかったかなー。

 

明海のお話の中のアッコさんの言葉です。

 

あなたに問題があるというより、初期設定・・・・・、最初の選び方だけが間違っていたってことはない?

あなた、一度でも自分にふさわしい場所を考えたことある?自分が上手くやっていけるフィールドを見つけてそこで生きていくのは、まったくもって怠慢なことじゃないのよ。むしろ真摯なこと。

 

私、中学の頃ちょっとしたいじめに遭いました。

高校に進学した後も、友達は全然出来ませんでした。

あの子中学で嫌われてたよ。なんて言われて。

いつも一人でした。

学校辞めたいって思ってました。

でもなんか道を逸れるようでそんなことは考えちゃいけないって思ってたんです。

今いる場所で上手くやれない自分ダメなんだ。

多数派になれない自分は受け入れられないんだなー、って思ってました。

 

大学は同じ高校からは誰も進学しないような大学を選びました。

そこで出会った友達は今でも仲良しです。

離れたところにいるけれど自分を取り繕わずにいられる大切な人たちです。

大学は本当にキャラが濃い人ばっかりでした。

うわーーー、こんな人が同じ年代でいるんだ!!!ってビックリしました。

個性的な考えに、個性的な髪形、服装。笑

通信制の高校を卒業した人や、2浪、3浪なんて人もうじゃうじゃ。

普通に高校入って、普通に卒業しないと大学なんていけないって思ってた私には眩しい存在でした。

 

あの時に高校辞めてたらどうなっていただろう、って最近よく思います。

通勤で通信制高校の前を通るから余計ですかねー。

楽しそうにしている高校生を見かけると自分もあんな風になれたかもしれないんだなーって羨ましくなります。

もし私がここに通っていたらって思います。

 

あの辛かった中学、高校時代にこんな言葉に出会っていたらどうなっていたのかなー?

 

自分が楽しく生きていける選択をし続けるっていつも真剣じゃないとダメってことですよね。

なんとなく生きてちゃダメってことですよね。

真剣に自分と向き合って生きるって疲れることでもあると思うんですよね。

日常に流されずに、立ち止まって振り返りつつ、将来を考えて・・・。

流されっぱななしだな、自分。笑

どうなりたいかなー、私…。考えよ。

 

就活難民の佐江も就活中の自分のようでした。

 

色々なことに目をつぶり、えいやっと内定さえ勝ち得てし まえば後のことはそれから、などと真剣に悩む作業を先送り にしているのだ。

(中略)

内定の瞬間の姿は思い描けても、企業に入ってからの自分をイメージ出来ないのだ。

本人はしっかりしているつもりだろうが、よく目を凝らして見てみれば、全身から幼さと油断が滲み出ている。

 

あはは、正にその通り!!!

新卒で入った会社を見事に3年で退職しちゃいましたー、私。

ただ、学生の内に就職後をイメージするって難しいし、イメージと乖離していた場合のダメージもあると思うんですけどね。

学生の頃にたくさんの大人と出会えるチャンスがあるといいですよねー。

 

”卒業までに内定もらえなかった”っていうレッテル貼られるとその後ますます就職は大変そうだもんなー。

どこでもいいからって心理になるよなー。

 

就活中にこんな文章読んでも「そうは言っても就職しないといけないのよ!!!」っていう気持ちになると思うんですけどね。

理想と現実は違うのよー!!!って。

でも、いつか転職を考えたりしたときに思い出せたら今度こそ自分にとってのいい会社を選ぶぞっていう気持ちになれると思います。

 

一つの席をめぐって、争うのが就活だと思っていた。

そのためには、自分を殺したり、誰かを出し抜くことがあっても仕方ないと思っていた。

目先のことに気を取られてばかりで、自分が選ぶべき椅子の大きさや色形についてちゃんと考えてこなかったと気付く。

 

読めば元気が出るビタミン小説。

まさにその通り!!!

うん、がんばろ。

 


読書感想ランキング